« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月

鹿児島に行きました、その時の桜島の様子です。

平成22年2月21日に、鹿児島に行きました、その時の桜島の噴火の様子を収めてきました。

By Kazunosuke Sawai PM14:38

株式会社メディカルシステムサービス

|

医療機器修理 (自動現像機)

自動現像機の修理といえば、たいていはギア(歯車)の劣化摩耗によるものが多くありました。 

この他には、温度設定の誤作動によるサーミスタの部品自体の故障及び電源スイッチの故障もありました。

ここのところは、部品交換をすれば治りますが、一番重要なところは、機器自体の内部の温度上昇のエラーで作動しないところが、大事なところです。なぜならば、このエラーを見過ごすと機器自体が焼きつき火事の原因になることがしばしば、ありました。

ギアの劣化の修理であろうとも、修理後は、必ずファンに付着しているゴミなどを取り除くことが、必要になります。

ちなみに、パソコンも同様です。内部に熱を持つため、安全装置が作動しファンにゴミが付着し、電源が落ちてしまうことと同様です。

電源が落ちてしまうので、故障と思いメーカーに依頼することも、ありますが、大抵は、ファン事態にゴミが思った以上に付着しファン自体が回らなくなり、電源が落ちてしまします。

株式会社メディカルシステムサービス

|

自動体外式除細動器-AED1200 操作手順

自動体外式除細動器---AED1200 

By 日本光電株式会社

動画の内容を変えました。

自動体外式除細動器とは、除細動器 "心電図 (ECG)を解析して、
除細動ショックを供給するかどうかを判定できる装置・ECGのモ ニタリングと除細動放電の両方に機能する粘着性の除B動電極を介して患者装着される。
本装置で は、ショックを供給すべき時点を操作者に知らせ通電は操作者が行う。

④ 手動式除細動器 体外又は体内の電極を通して電気パルスショックを供給することによって心臓の除細動を行うこ とことを目的とする。
通常、心電図 (ECG) モニタを備えたものや、ECGのR (QRS.)波に同期 して除細動が行える機能を備えたものもある。
ECG の解析とショックの供給は操作者が手動で行う。

⑤ 非E療従事者向げ自動除細動器 全自動除細動器、半自動除細動のうち、容易に手動モードに出来ないものをいう。
音声指示と簡 単な操作により一般市民でも使用できる、
自動体外式除細動器 (AED =Autmated External De丘brllator) の普及が始まった。(心室細動の際に機器が自動的に解析を行い、必要に応じて電気的なショック(除細動)を与え、心臓の働きを戻すこと)

株式会社メディカルシステムサービス

|

医療機器の安定期

English

近頃の医療機器は、これは、家電品でも同じことですが、モデルチェンジ後の医療機器の最初の頃は、動作が安定してないこともあり、動作不良を起こしてしまうことがたまにあります。その過程として、改良を重ねてやっと動作が安定して故障というのが、少なくなったと思ったら、逆にその機器自体の製造コストを下げる為に、部品自体を安価なものに変えてしまい、故障が多くなるように思えます。

例えば、医療用ベッドのクランクのビスの受け側がそうなっておりました。この部分は、確か以前のものは、受け側自体が金属で構成されておりましたが、ほんの5~6年頃前からは、ビスの受け側が樹脂で構成されております。

この事は、何を意味するかといえば、ハンドルを回し背上げ、脚部上げをするとき、一番重力が掛ってくるので、、破損する事が多くなるということです。以前では、破損というのは、考えられませんでした。

又、販売する時によく話していたことがあります、それは、患者さんがベッドの上で飛んだり跳ねたりしても、鉄板ボトムがへこむことはありませんと言っておりました。。それが今は、へコンでしまい、先ほど申したように、クランク受けまでが破損してしまします。それ程鉄板の厚みが以前より薄く製造されているように思えます。

このように、コストを削減するのは結果として良いことではありません。また、その会社自身への信頼性が失われてゆくように思います。

株式会社メディカルシステムサービス

|

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »