« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月

I-PHONEについて。

 昨日ブログに載せたI-PHONEのことで訂正すべきかなと思いまして-----どうやら、接続口のピンおれか、又は、I-PHONEのソフトOSでデバイスを認識し無いようなプログラムを設定されているような気がしましたので、ただ単に垂直に充電するということは間違いのようなきがしますので訂正させて頂きます。

 又、追伸で述べた事は、体験したことでありますので、注意を払ったほうが良いと思います。

株式会社メディカルシステムサービス 

track feed 医療機器修理、医療機器販売

|

医療機器修理とは、かけ離れたI-PHONEについて。

  全然関連性は、ないことなのですが、近頃何で?というこがありました、それは、今少なからず、お持ちの携帯電話のI-PHONEについてです。

 どういうことかと申せば、私が持っているI-PHONEのことです、この携帯は、自分自身のヘマで、3ヵ月ぐらいで、3台目になります。

 この3台目のI-PHONEからが、車のシガープラグ充電気を使うときに、必ず表示する言葉が「このアクセサリーでは、作動しません」、これが表示するのに、困ってしまい。I-PHONEを購入したショップに行き、この充電気は、此方のショップで購入したんですが、こういふうに表示してしましますとお聞きしたところ、ご返事は、これは、純正のI-PHONEの充電気ではありませんから、そういう風に表示してしまいます、との事でした。

 純正品だと思い購入した私にとっては、何か釈然としませんでしたので、ネットで私と同様になった方がおられると思い検索したところ、回避策というものは、掲載されておりませんでした。 

 しかしながら、この2日前に判ったことが有りまして、ブログに書いてみようと思いましたのでご紹介します。、この回避策の可能性として、今まで車を運転する時は、I-PHONEを充電口に差し込み助手席に置いておりました、これが間違いだという事です。

 私が感じた事なんですが、車のハンドルを左右に切ったときに、I-PHONE自体もそれに比例して動きます、この動きでI-PHONEの電源が入り、又、切れて電源が入る動作を繰り返してしまいます。例えば、I-PHONEを垂直にして動きを最小限にするならば、先ほどの「このアクセサリーでは、作動しません」、とう表示があまりしなくなるという事です。

 I-PHONEは、他の携帯電話と違い、ソケット入口が広く、そのために動きに対しての過剰に敏感に出来ているんだと思いました、又、デリケートに作って有るのかなと想像してしまいました。このことでお困りの方は、試しに、I-PHONEを垂直に持ったまま充電をされてみてはどうでしょうか。

 追伸、ネット上で動画の中にI-PHONEの中の電池交換の仕方が流れておりますが、I-PHONEをもし水中に落とされたとして、I-PHONEを交換に行ったとしたら、普通の故障の交換ならば、2~3万程ですみますが、中身自信を開けたI-PHONEであれば、12万程費用が掛ってしまいますので、注意された方が良いと思います。

株式会社メディカルシステムサービス  平野 清也

 

|

医療機器、自動現像機(その2)

 自動現像機の給排水コックが、ある程度年月が経つとコック自体が回らなくなる時がありますが、その原因は水垢が付きまわらなくなってしまいます。

 対処として排水溝に市販のパイプマンなどの水垢とりを注いで上げれば良いのですが、その時に必ず注意することがあります。それは、パイプマンなどに使われている薬液が水を貯める水槽の中に少しでも付着して残っていると、フィルムが判別できない画像になりますので、何回でも付着している薬液を取り除くことに注意を払う必要があります。

医療機器販売、株式会社メディカルシステムサービス 八代営業所 

|

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »