« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »

2012年5月

医療機器修理--高圧滅菌器

  高圧滅菌器の電源が入らないとの依頼で、修理に行きました。

見たところ、電源プラグの劣化で電源がオンにならないと思いプラグは、プラグ交換をしな

ければならないと思い交換しました。

又、交換だけではなく、電圧チェックも行い修理出来たと思いしや、電磁弁が悪い事に気付

きました。

なぜならば、電源は、入りますがタンクからの水の出方が普通よりも勢いが激しく思える事

です。

こういう場合は、電磁弁の中のプランジャに傷が入っているか、あるいは、プランジャの下

に注射器ブラシの細い毛かガーゼなどの糸屑があることがあります。

このとき傷が入っていれば、プランジャを交換する事は、当然ですが、同じ部品が無い場合

は、プランジャの水を遮断する部分を傷が無くなるまで水平に削る事で治る時もあります。

track feed 医療機器修理、医療機器販売

株式会社メディカルシステムサービス

|

医療機器修理(コンプレッサー)

  医療機器に関して、私が知らないことは多々ありますが、その中でも耳鼻科医療機器

で使われる耳鼻科ユニットの事を教えて貰いました。

 このユニットの中に使われるコンプレッサー(圧縮、圧力発送装置)が、以前の物は、

オイル方式をとっていました。

これで、圧力を貯めてスプレーを噴霧させていました。

しかしながら、今現在では、ノンオイル方式に代わっています。

その理由はと言いますと、オイル方式は数十年たてば、コンプレッサーの中のオイルが

部品の劣化の為、空気と混合しやすくなるという点でした。

このため、ノンオイル方式に移行していったそうです。

track feed 医療機器修理、医療機器販売

株式会社メディカルシステムサービス

|

« 2012年4月 | トップページ | 2012年6月 »