« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

医療機器修理---ハートモニター

 心電心拍を監視する装置で、通称モニターと呼ばれている医療機器があります。

このモニターでの心拍数を表示するところが、突然30になったり、60に変化し、その反面

波形が通常の波形表示をしているような場合は、リード線(体表面と子機をつないでいる)の

断線が想定できます。

しかしながら、断線と予想をして交換に行くと、案外心拍数の変化が見られない時があります

ので、その時はしばらく機器の様子をみたほうが良い場合が、しばしば有ります。

 ちなみに、断線だからと思ってコンセントの電源プラグのように、コードを切断して繋ぐ事

はありません。

なぜならば、とても細い線でもありますが、微弱電流をよみとるような構造であるため、雑音

などが生じることがあると、波形の乱れのもととなるからです。

track feed 医療機器修理、医療機器販売

株式会社メディカルシステムサービス

|

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »