« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »

2013年1月

ナースターンテーブル修理

 先達て、ナーステーブルの修理依頼をお受けしました。

お伺いしてみると、テーブル自体が上下2段式のもので、上下ともどもグラつき水平に

回らなくなっておりました。

この場合には、テーブル自体を上から順に外してゆき下のベアリング(このベアリングは、

長方形のものでしたので、ベッドのキャスターと違い中々外れにくいものです)の裏表に

グリスを塗り、下の段を填め込みます、次に2段目にも同様にしてグリスを塗り填め込み

ます。

このときまでは、上下段ともにグラツキが未だありますが、最後に上からナットで締めあげ

たら完成です。只、厚みのあるステン製なので、とても重いので一人では少々無理に感じ

ます。

当然のことですが、グラつきや水平にターンしない時には、全部を解体してから、グリスを

塗り、組直す事です。

グラツキ等が出た場合は、早いうちに、この様に取り掛かる事が大事だと思います。

株式会社 メディカルシステムサービス

track feed 医療機器修理、医療機器販売

|

« 2012年12月 | トップページ | 2013年2月 »