« ホームページ | トップページ | 医療機器販売 »

医療機器修理

 最近の事ですが、壊れたから廃棄を頼まれた機器がありました。

その機器というのが、電源を入れプリセットの状態が始まらないとスタートが出来ない機器

でした。

いわゆる、PCで言えば、Windowsのロゴ画面が出て初めてログインできるのに似てます。

製造販売元の修理対応期間を終わり、受付対応が終了したものです。

しかしながら、知識向上の目的で、筐体を外してみました。

筐体の中に基盤が並んでおり、その中にリチウム

電池がありました。テスターで電圧を計測したところ、電圧が低かったので、これを変えて

再度、組み立てなおして電源をいれたところ、スタート画面から次のステップに変わり、

作動が出来るようになりました。

やはり、考えていた通りの構造でした。内部バッテリーに電池が蓄電してないと作動しなく

出来ている機器でした。

例えば、自動車のバッテリーの電圧が低ければ、セルがかからないと同じようにエンジン

がスタートできなくなる事と同じ原理です。

track feed

医療機器販売、医療機器修理、株式会社メディカルシステムサービス

|

« ホームページ | トップページ | 医療機器販売 »